投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL



追加

 投稿者:ちんどいねん  投稿日:2017年 8月12日(土)10時09分31秒
返信・引用
  岳沢下りと穂高岳山荘でのご来光  

写真の整理

 投稿者:ちんどいねん  投稿日:2017年 8月11日(金)20時22分43秒
返信・引用
  写真の整理に追われてます。
撮りすぎた(笑)
 

穂高岳山荘の落日と昇陽

 投稿者:ちんどいねん  投稿日:2017年 8月11日(金)08時46分14秒
返信・引用
  台風と低気圧の合間を縫って穂高連峰に行ってきました。
3日かけてのんびり回る予定でしたが、
濡れた岩場は怖いので行程を2日に短縮です。
初日に上高地から一気に穂高岳山荘へ。
夕飯前に3000m峰の涸沢岳に登ってきました。
2日目は奥穂高から吊り尾根を通って前穂高へ。
これで日本の3000m峰(Top21)全山登頂です。
そこから上高地までの激下りがツラかったですww
ただいま鋭意写真整理中ですが、
穂高岳山荘での落日&昇陽を、先だって何枚か貼り付けておきます。
 

<黒部源流赤木沢日帰り単独沢登り報告>

 投稿者:PENTAX党  投稿日:2017年 8月 9日(水)07時23分42秒
返信・引用
  写真2  

<黒部源流赤木沢日帰り単独沢登り報告>

 投稿者:PENTAX党  投稿日:2017年 8月 9日(水)07時22分28秒
返信・引用
  <黒部源流赤木沢日帰り単独沢登り報告>
2010年はケイさんと、2011年は、職場の山好きとか福井の児玉さん達とかを、赤木沢に案内したのですが、今回の偵察での結果です。

黒部川本流の巻き道は、崩壊しておりますが、登ることができました。ゴルジュを突破できないか、いろいろ偵察したのですが、水量が多くて、小生単独の力では突破不可能と判断して結局巻きました。 ケイさんといった時の巻き道は消えておりましたが、本流に下降できました。ちょとバランスが必要でしたが。

ほとんどの滝が登れて、さすがに「日本一美しいところ」と言われてるのは、よく理解出来ます。素晴らしい所です。赤木沢の核心部は大滝の巻き道のルンゼです。草付きを登るのですが、登って行くと途中の岩が崩壊しておりました。 だれかのプレゼントでしょうハーケンが打ってありシュリンゲがかかっています。ハーケンはあたらしくて、しっかりしておりました。そのシュリンゲをつかんでも、登れそうもありません。ランニングビレー用でしょう。その横の草付きにわずかに踏み後があり、だましだまし、そろ~と不安定な足場に体重をかけて突破できましたが、ズルっといけば死んじゃいます。そこを抜けてのトラバースも一部いやらしい。 盆休みにもう少し人が入って、踏み跡がしっかりしてきたら、もう少しましになるかもしれませんが。
5~6年前と比べて、難易度がアップしておりました。本日お昼に、◯◯山岳会で昨年赤木沢に行った、職員の女性に聞きましたが、やっぱり何か所かで、ロープで確保してもらって登ったと言っていました。この女性は、この6月に白馬岳の主稜(雪稜)に行くと言ってっておりました(悪天で中止)ので、クライマーとしてのトレーニングをしております。
当日、薬師沢で赤木沢の準備をしているのは単独行は、ボクをいれて3人。あとは4~5名のグループ。ボク以外は全員ハーネスをつけていました。ボク以外の単独行の人の、歩き方、登攀能力を観察していましたが、クライミングが上手でした。

以前より、大滝の巻き道のルンゼの岩の崩壊により、難易度があがり、今回の赤木沢ですが、ボクの力量では、案内に自信がなくなりました。偵察に行ってよかったです。同行予定の某ランナー達は子供さんが小さいので、墜落してもらうわけにはいきません。

やっぱり沢は、いかに初級とは言え「バリエーションルート」で、ルートが崩壊しても補修もなく(もともと道標も目印もない:当たり前)自分でルートファインディンクしていく(そこがクリエイティブ)、そこに行ける力量をもつことに努力することが面白い(マラソンのタイムをねらうのと一緒)。ランがメインでゲレンデでクライミングの練習もせずに(体力的にはありあまりますが)、現在の赤木沢はリスクが高いという結論になりました。

14時間40分の試煉と楽しみでした。

1:00  起床
2:00 折立出発
4:40 太郎平着
5:00 太郎平発
6:20 薬師沢着
6:45 薬師沢発
8:40 赤木沢出会
10:30 大滝上部
12:30 縦走路
13:10 北ノ股岳
14:15 太郎平
14:30 太郎平発
16:40 折立
 

バンジー窮す

 投稿者:ちんどいねん  投稿日:2017年 8月 2日(水)22時26分6秒
返信・引用
  王寺駅から信貴山へトレーニングに行ったら、
バンジージャンプの施設ができてました。
大阪側に下りる予定やったけど、
頂上から引き返してちょっと見学。
一生やることおまへんが。
 

2017年7月27日 第283回チームK練習会報告

 投稿者:まあ、立派ーニ!  投稿日:2017年 8月 2日(水)18時06分44秒
返信・引用
  暑い暑い練習会でした。

雨が降る降る練習会でした。

よく焼き餃子とギンギンに冷えた生ビールが旨い練習会でした。

↑↑↑リンク先にアップいたしました。
 

ぶりひさし その2

 投稿者:PENTAX党  投稿日:2017年 8月 1日(火)21時45分40秒
返信・引用
  その2  

ぶりひさし <マユ丼帰還>

 投稿者:PENTAX党  投稿日:2017年 8月 1日(火)21時43分24秒
返信・引用 編集済
  ちんどいねんはん、修練をつんでいますね。京都マラソン年代別1位のハイヂさんも、練習してはりますなあ。

次女のマユ丼が、ぶりひさしで、もどって来る。夕食を一緒に。マユ丼の近況報告に聞き入る、イカ&ケイでした。
グレの昆布締め、蒜山トウモロコシ?のポタージュスープ、蒜山野菜のサラダ、阿波尾鶏?のロースト、セミドライ蒜山野菜のグリルを添えて 、蒜山タモギ茸?のピラフ
仕事は、バタバタしておりますが、職場から出て、自宅に帰ると、これは別の世界。楽しい会話と、ウマいシメとインワ。ワークライフバランスをとらないとあきませんな。
 

♪ 誰のために~咲いたの~??

 投稿者:ちんどいねん  投稿日:2017年 7月28日(金)22時43分33秒
返信・引用 編集済
  と歌ってたのは同い年くらいの伊藤咲子でした。
彼女はひまわり娘と呼ばれてましたね。
さて週末の拙写真と報告を楽しみにされている方もおられるらしいので、
調子こいて今日も投稿してみます。
休診にしている水曜午後は兵庫県の佐用町へ、
今日の昼休みは花博記念鶴見緑地に行ってきました。
ひまわりの見頃というか、
シャキッと咲いているのは1週間ほどだそうです。
その後はでっかち頭を支えきれなくて、
ぐで~って感じになるんですね。
(´・Д・)」
 

Re: メリケンパーク

 投稿者:ハイチ”  投稿日:2017年 7月26日(水)11時31分51秒
返信・引用
  > No.15773[元記事へ]

ちんどいねんはんへのお返事です。
> >
> ワタシの近況写真も載せときまつ。
> またどこかで見つけてください。

そうだったんですね、あれは幻、、、
この写真のお姿でしたら、きっとわかりますね。

愛宕山は、山全体が愛宕神社にお邪魔している、という趣なので、
走らないことにしています、というか、しんどくて走れないのですが。
すべるところもなく、一人でもほぼ安全なので助かっています。
7/31は、千日参り、日没から登れるので、体験してみようと思っています。
そうそう、京都拠点の某実業団女子陸上部は、35分で登る選手がいるそうです。

ちんどいねんさんの、週末紀行、流麗な文章とクリアーな写真、
いつも楽しませてもらっています。
今後ともどうぞよろしく!
アグネス
 

Re: メリケンパーク

 投稿者:ちんどいねん  投稿日:2017年 7月25日(火)10時10分21秒
返信・引用 編集済
  > No.15772[元記事へ]

ハイチ”はんへのお返事です。

> 私は、7時半~9時半の間、山にいました。
> 何時頃山におられましたか?
> あれは、やっぱり、、なんでしょうか?

ワタシは下山後の祇園祭宵々山に合わせて、13時頃から登りました。
アグネスチャンではありませんが、
あれはやっぱり
「♪恋する気持ちが夢で~ 会わせてくれたあの人~」
「♪あなたの好きな草原~」やったんですね~(違

愛宕山、石段が多いので、トレランにはどうなんでしょうか?
道は広いので、走りやすいところもありますけれど。

ほんで丁(町)石代わりの消防団の看板が、
やっと40/40までキタ~!とおもったら、
本殿までまだ延々と石段が続いていたのでメゲました(笑

それにしても愛宕山往復のコースタイムは5時間以上って書いてあるのに、
2時間で行かれるとは流石京都No.1のマダムですね!

ワタシの近況写真も載せときまつ。
またどこかで見つけてください。
 

Re: メリケンパーク

 投稿者:ハイチ”  投稿日:2017年 7月25日(火)09時43分7秒
返信・引用
  > No.15771[元記事へ]

ちんどいねんはんへのお返事です。

> 土曜日は愛宕山にトレーニングに行ってきました。
> 暑すぎてヘロヘロでした。
> ほんで祇園祭の後祭りを見に四条烏丸へ。。
>
> ちんどいねん先生、
お久しぶりです。
知って頂いているか、どうかわかりませんが、昨年6月より
京都右京区在住になりました。

それで、愛宕山は、身近な山になりました。
実は、同じ土曜日、下山の時、一瞬 ”えっ!”と思ったことが、あったんです!
でも”まさかね”と思い直したんですが、、、、

私は、7時半~9時半の間、山にいました。
何時頃山におられましたか?
あれは、やっぱり、、なんでしょうか?
 

メリケンパーク

 投稿者:ちんどいねん  投稿日:2017年 7月24日(月)17時34分16秒
返信・引用 編集済
  土曜日は愛宕山にトレーニングに行ってきました。
暑すぎてヘロヘロでした。
ほんで祇園祭の後祭りを見に四条烏丸へ。。

翌日の日曜日はメリケンパークに行きました。
奈良の田舎もんにとっては、神戸はハイカラな街ですね。

京都と神戸、対照的すぎます。
 

ご無沙汰しております

 投稿者:PENTAX党  投稿日:2017年 7月23日(日)21時38分24秒
返信・引用 編集済
  元気にしております。ちんどいねんはん。楽しんでいますね。立派はん、練習会報告おおきにです。今年始めての金剛山トレでした。

<明確なる目的意識・完全燃焼>
朝は介護があり、その後出発。このクソ暑い時は、滝畑千石谷でも行って、ゴーロ歩き(沢歩き)して、そこから岩湧山に走って行こうと提案。やっぱり金剛山トレに行きたいの。と、ケイさんはぶれていません。水越峠の駐車場をスタート。ボクも必死だったのですが、水越峠~金剛の水・金剛の水~鳥居・千早園地~鳥居。残念ながら、すぐにケイさんのペースにはついて行けずに、「バトル不成立」でした。ケイさんは本気です。

ケイさんの後ろ姿は見えませんが、高見和成の言葉を思い出しながら、ボクも完全燃焼です。...
頂に向かう行動よりも常日頃の山に対する主義(イズム)こそ大切ではなかろうか。何事も思索と実践の合致こそ、この世で最も尊いものであろう。
ケイさんの「常日頃のフルマラソンに対する主義(イズム)」を感じました。大阪マラソンのスタートラインに立つと、万感胸に迫るものがあるでしょう。
結果は、本人の身体能力・加齢と故障・当日の天候によります。スタートラインに立つ機会はかぎられています。人生は有限だ。
 

2017年7月13日第282回チームK練習会報告

 投稿者:まあ、立派ーニ!  投稿日:2017年 7月20日(木)18時36分5秒
返信・引用
  上記、リンク先にアップいたしました。  

アートな島・直島

 投稿者:ちんどいねん  投稿日:2017年 7月17日(月)19時42分32秒
返信・引用
  岡山から宇野に出て、フェリーで直島に渡りました。
かつては宇高連絡船がありましたね。
今はベネッセが芸術の島に変えました。

http://benesse-artsite.jp/

なかなかアートなところでした。
 

ゆふたけ番長

 投稿者:ちんどいねん  投稿日:2017年 7月 4日(火)06時54分14秒
返信・引用
  ヤスヒロDr.の残雪の写真を見て、
先日の週末は加賀の白山を歩こうと思ったけど、
北陸地方は記録的な大雨ww
週間天気予報で晴れマークがついていた九州北部に行先を変更しました。
二百名山の由布岳と英彦山、
車窓絶景百選が2箇所ある久大本線、
JR西日本のポスターで印象に残っていた日田市の三隈川を絡めた計画を立てました。
英彦山から早めに下りられたので、門司港にも寄れました。
 

Re: マクロレンズ

 投稿者:PENTAX党  投稿日:2017年 6月26日(月)21時12分48秒
返信・引用
  ちんどいねんはんへのお返事です。
人間の目より、クローズアップされるんですね。
面白い写真またしくヨロでつ。
 

マクロレンズ

 投稿者:ちんどいねん  投稿日:2017年 6月26日(月)04時47分42秒
返信・引用 編集済
  マクロコンバージョンレンズを買ったので、
ちょっくら雨の花菖蒲園に撮影に行ってきました。
10000円ほどのレンズ代出費でしたが、なかなか面白い世界です!
 

/505