teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


和子さま

 投稿者:たこさん  投稿日:2014年 5月 8日(木)07時51分29秒
編集済
  秋吉台で出会った花 改訂版のご購入ありがとうございました。
お住まいの地と秋吉台は近いでしょう?
是非、いつか、お出かけください。

ところで、花の香り・匂いのことです。
私は同じ場所に通い続けていますが、友人たちに「いい匂い!」と、いじめられています。
料理を焦がした時のにおいは、軽いのに良くにおうし、
おいしい食べ物の匂いにも敏感なのに、
優しい花の香りに鈍くなってきました。
たぶん、私の場合は年と共に嗅覚が衰えてきたのだと…。

 
 

キンラン

 投稿者:ななし  投稿日:2014年 5月 8日(木)07時15分36秒
  2014.5.3の自生地のおまけ写真は削除したほうが宜しいのでは?  

Re・はじめまして

 投稿者:和子  投稿日:2014年 5月 5日(月)12時16分50秒
  こんにちは。
4.20 に質問をさせてもらったのですが
掲示板は今休業中でしょうか。
季節はずれの質問ですがどうかよろしく。
 

はじめまして。

 投稿者:和子  投稿日:2014年 4月20日(日)12時07分50秒
  はじめて掲示板に投稿します。
4年前から静岡県に住むおばさん(冷静に見るとばーさん)です。
山歩きが好き。野山に咲く花、特に小さな花が好きです。
グーグルの検索がきっかけでこのページを知りました。
でも、はじめは秋吉台は遠いところなのでちょっと参考にと思っていました。
ある時前日に見ていた日記のアカフタチツボスミレとジロボエンゴグサにを
近所の山道で見つけてとても身近な存在になりました。
そして、すぐに「秋吉台で・・・」を送ってもらいました。
内容が充実していて、しかも親しみやすくて,私がまさに欲しかった本でした。
友達にも紹介しました。

ところで、ひとつ質問させてください。
アセビの花とダンコウバイの花特に雄花の匂いの事です。
関西(兵庫県猪名川町)にすんでいた頃は両方ともにとてもよく匂いました。
ヒサカキと共通する香りでした。ところが、静岡では匂わないのです。
皆様のお住まいの地域ではどうでしょうか。
 

よしゆき様

 投稿者:たこさん  投稿日:2014年 3月13日(木)05時01分42秒
  『松江の花図鑑』は、大変お世話になっています。
最近では、ヒロハスズメノトウガラシ・エダウチスズメノトウガラシで、
友人からの情報を最終的に貴ページで判断いたしました。

イボミキンポウゲは、そのものでないことは承知の上で、
図鑑ではほかに無いため、一番近い種を書いたことを思い出しました。
よしゆき様もそうだと思いますが、
雑種なのか、別種なのか、図鑑に載っていない植物が多いですよね。
イボミキンポウゲとしている個体は、トゲミノキツネノボタンの群落の中で目立っていたもので、
あれ以来、どうなっているのか調べていませんが、
間もなく花の時期になりますので、行ってみようと思っています。
ご指摘をありがとうございました。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

イボミキンポウゲ

 投稿者:よしゆき  投稿日:2014年 3月13日(木)01時19分58秒
編集済
  たこさん様、ブログの方はよくお邪魔をして参考にさせていただいています。
「松江の花図鑑」のよしゆきといいます。
トゲミノキツネノボタンは数年前に見つけ、イボミキンポウゲは去年やっと確認することができました。茎や葉の毛は個体によりいろいろですが、確かにトゲミノキツネノボタンは毛が散生する程度と少ないようです。しかし大きく違うのは葉の形だと思います。トゲミの方は3中裂までで、イボミは3出複葉になるとろこだと思います。イボミでも上部では単葉となりますが、3深裂になります。
2007年04月05日のブログに載せられたイボミキンポウゲは葉の様子からは、トゲミノキツネノボタンに見えます。
ご検討いただければと思い書き込みました。間違いであればご容赦ください。
これからもよろしくお願いします。

http://matsue-hana.com/

 

三浦 訖 さま

 投稿者:たこさん  投稿日:2014年 2月 6日(木)16時06分45秒
  ムラサキの写真、10年以上前になりますでしょうか。
出身校の校章がムラサキとのこと、しっかり覚えています。

動画、興味深く拝見いたしました。
皆さんの良い記念になりますね。
中で1つ、「アキヨシアザミ」とありますのは「ノアザミ」に思えました。
総苞の形と総苞片、全体の姿からです。

また季節を替えて是非、秋吉台においでください。
その時は、よろしければ、ご一緒に歩きたいと思っていますので。

これからも、秋吉台日記は続けていくつもりですので、
どうぞよろしくお願いいたします。
 

昨年晩秋に初めて秋吉台を訪れました

 投稿者:三浦 訖  投稿日:2014年 2月 5日(水)20時51分21秒
   たこさん様

 以前ムラサキの写真をいただいた者です。その節はありがとうございました。このHPは私の所属する会のホームページからリンクして時々拝見しています。長年にわたり秋吉台の植物の観察・研究・撮影、紹介を続けられているのに敬服しております。

 私は昨年十月末に20名ほどで秋吉台や九州の平尾台の観察に訪れました。とても素晴らしいところで季節を変えてまた行ってみたくなりました。当日の記録を十数分の動画にまとめてみました(URLに記載)。

http://members.jcom.home.ne.jp/miura7/video/2013-22-akiyoshidai-10.html

 

本当に見えるんですね!

 投稿者:たこさん  投稿日:2013年12月15日(日)21時27分40秒
  暇人さん、
見せてくださってありがとうございます。

2011年2月20日の日記に書きましたが、
今70歳代の方が高校生の時の夏休みに、早朝、お父さんの草刈りを手伝った時、
秋吉台から由布岳が見えたそうです。
そのことを話しても、皆、信用してくれないのですって。
友人がカシミールのシミュレーションを見せてくれましたが、
同じように見えるんですね。
私も是非見てみたいです。
 

由布岳と鶴見岳

 投稿者:暇人  投稿日:2013年12月15日(日)14時13分14秒
  今年は何度か見ることが出来たけど、桂木山からの撮影が出来ていないので
今後の宿題です(^^)
http://blog1.net4u.org/sr4_diary.cgi?action=article&year=2013&month=09&day=17&mynum=51518&user=2001himajin
 

レンタル掲示板
/38