teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


書き込み感謝!

 投稿者:ぐるまるきん  投稿日:2006年 6月27日(火)14時42分0秒
返信・引用
  ペヤングの大盛り焼きそばを食べたばかりのぐるまるきんです。
キャベツたくさん買ってきました。今日の晩御飯は回鍋肉です。
最近食べ物の話しかしてないような気もしますが、多分気のせいでしょう。

>KI さま

ようこそおいでくださいました。ホントーに何もない所で恐縮ですが。
いつもありがとでごじゃいます。
ここ最近ノートパソの前から離れられない日々が続いておりますが、翻訳作業が一段落したらまた皆で飲みましょう。
それにしても……KIさまは唐揚げ大使でございましたか………御見それいたしました。
ならば私も素性を明かさねばなりますまい。
今まで黙っておりましたが実はわたくし、「鶏の唐揚げ」星からやってきた「鶏の唐揚げ星人」です。
故郷の星が爆発し、宇宙船で辛くも脱出した我々は安住の地を求めて東京へやってまいりました……って、なに円谷の某宇宙忍者みたいな事言ってんだ……
冗談さておき、あれは生きる活力とモチベーションの向上に欠かせないソウルフード。毎週食べてます。そして先日はごちそうさまでした。
夏コミも都合が開けば是非来てくださいましね。ウチの近辺のスペースはほぼ男しかいませんが。

>お~もり さま
本当にごぶさたです。
何とかHPが再開しました。何せ過疎ってるんでひっそりとした更新でしたが、掲示板に書き込みいただき感謝。今年の夏はよろしくお願いいたします。
たしかお~もりさまは冬コミに来られてなかったですよね。ならご来店の際は冬コミの出し物も見て行ってくださいませな。もちろん12巻の翻訳も間に合わせるよう善処しまーす。
にしても抽選アウトとは……冬コミでも感じておりましたが、需要過多がこのジャンルにまで及んでいるのでしょうか。
 
 

当選おめでとうございます。

 投稿者:お~もり  投稿日:2006年 6月25日(日)20時20分55秒
返信・引用
  ごぶさたしています。
新ホームページ開設と、夏コミ当選おめでとうございます。
ところで僕は残念ながら抽選に漏れまして、
自作ゲームブックの発表は持ち越しになってしまいました。残念。

ぐるまるきんさんが出展されるブースの隣と、さらにその隣にも同士がいるため
(直接の知り合いではありませんが、メッセージやメールを交わしました)
当日はぐるまるきんさんからスタートして3連続でご挨拶に伺います(笑)

12巻の完成版を目にできる日を楽しみにしています。
作業頑張ってください。
 

おめでとうございます

 投稿者:KI  投稿日:2006年 6月25日(日)15時22分29秒
返信・引用
  『☆当選通知☆
この書き込みがされた掲示板は当たりです。
お申込者全員に力ーナビ・ニソテソドーDSなどが当たります♪
お申し込みはこちらから → http://usode-su.sinji.nai.de

ああっ!荒らしじゃないです。荒らしじゃないです。
"おめでとう"を連想させる冗談の文章書いてたら、
本当のスパムっぽくなってしまいました。
夏コミ当選、おめでとうございます!(これが言いたかった)
そして、お引越しお疲れ様でした。
是非是非是非、何とか都合をつけてコミケに行きたいです。

あ、私が誰かって…?
いつもお世話になっております、
リアルご近所の唐揚げ大使です(笑)

どうぞお体に気をつけて、翻訳作業頑張って下さい!

http://roo.to/KI

 

「プレぐる」これにて!

 投稿者:ぐるまるきん  投稿日:2006年 6月24日(土)11時35分2秒
返信・引用
  長らくこの体裁を続けてましたが、ようやく!
新HPが開設となりました。

この掲示板ページの一番下左端にある、「ホームページへ」のボタンをクリックしてくださいませ。

不細工陳謝。

もとからたいしたHPではありませんが、もしよろしければ、またのぞいてやってくださいませ。お待ちしております。

……ホントはリンク貼りしたかったんだけど、この掲示板どうやっても謎のエラーが出て飛んでくれなくて……くっ(泣)

掲示板も引越ししようかしら……

>zap様
ありがとうございます。お返事送れて申し訳ありませんでした。
マグナカイの過酷な旅路もそろそろ終焉。
夏の祭典までにはなんとかなります。
また会場でお会いしましょう!
 

夏コミ当選おめでとうございます!

 投稿者:zapメール  投稿日:2006年 6月15日(木)01時40分36秒
返信・引用
  夏にお会いできれば幸いです。
日々の修練?を読むところ、
マグナ・カイの教えはどうも過酷な様子ですが(笑)
お体を大切に。
楽しみにしてますー。
 

「プレぐる」更新!翻訳日記

 投稿者:ぐるまるきん  投稿日:2006年 6月11日(日)01時22分31秒
返信・引用
  今晩の晩御飯は具だくさん冷やし中華、実においしくいただきました、ぐるまるきんです。
加えて、DSの「えいご漬け」でF判定を喰らってヘコむぐるまるきんです。

翻訳日記「カイ戦士が帰ってきたぞ!」より

6月10日 思いつくか、つかないか

12巻の翻訳作業も中盤戦でしょうか。
パラグラフもそろそろ半分近く、ストーリーはまさにクライマックス!ここで燃えなきゃどこで燃える?といわんばかりの熱いシチュエーションです。
・・・・相変わらず翻訳は止まってますが。
厄介な表現に出くわすとそこで立ち止まり、考え、考え・・・
ちょっと本でも・・・だめだ、何も浮かばない。
ちょっとテレビでも・・・って遊んでどうする。
ちょっとゲームでも・・・いやそれはすでにちょっとじゃないような・・・
なら気分転換に寝転がって・・・・・・・・・・すぅ。
・・・・・・・・・・・・・・・・ぅわぁ、もう朝だぁ(泣)!
30分のつもりだったのに・・・・・

昨日などは1日がんばって1パラグラフ。
24時間もあって1パラグラフ!おまけにフローリングの床に力尽きたまま朝までプチ昇天。起きたら体の節々バキバキ。腹も冷えてて絶不調。それでも朝は食べる。ますます不調・・・
いろんな意味で頭痛いですハイ・・・
結局無駄な時間を過ごした・・ようにしか見えませんね。
事実、この間もし誰かと一緒にいたら、「何仕事もせんと遊び呆けとるんだコイツは」と思われるでしょうに・・・ま、「仕事してるぞ!」って声を大に出来ない心当たりもなくは無いですが・・・。

でも、この仕事やってて思うんですが、ホントに私は時間を浪費しているな・・・と。
無駄遣いする気はさらさらないけど、でも浪費せずにはいられない。
正直いくらあっても足りない。あったらあっただけ使いたい。

いいものを作りたいから。

いいものを作ろうと思ったら、なにより時間をかけない事には話になりません。
才能のある人間ならその限りではないのでしょうけど・・・

時間をかけないといいものは出来ない、これは私流の正論です。

ですが私流の正論をもう一つ述べる事が許されるなら・・・!

時間をかけたからといって、いいものができるとは限らない

です。
どちらも私の正論です。
短時間で見栄えのするものなんてできっこないです。けど、時間をかけてかけて・・かけた分だけいいものになるか・・というとそうではないと。
うまく言えませんが、

時間をかければかけただけ、いいものが出来る「可能性が上がる」

でしょうか。

原文は何を言わんとしているのか。その意味は。何を一番に伝ようとしているのか。
また日本語の訳どころはどんな言葉がぴったりくるのか、テンポを崩していないか、またいつまでも同じ調子で訳していないか、そして一番大事なことは、皆が望むローンウルフが描けているか、という事。

それらをすべて満たす言葉を、文章を、心を探す。限りなくタイトなジグソーパズルの1ピースを探すように。
探さない事にはみつからない。でも探しても探しても、みつからない事もある。
あきらめてしまう事もできる。適当なピースでごまかしてしまう事も、やろうと思えば出来る。適当なトコで妥協してしまえば、低きに流れてしまえば、翻訳速度は間違いなく上がるでしょう。最低でも1日10パラグラフぐらいはかっ飛ばせると思います。

でもそれは仕事じゃない。許される事じゃない。
やる以上は、極限まで追い込んで追い込んで、あるのかどうかも分からなくても、そこに答えがあると信じて突き詰める。自分の力を信じてあえて立ち止まる。何分でも、何時間でも、何日でも。

非効率的なのは百も承知ですが・・・
すべては、最高のローンウルフのために。
必ず、必ず仕上げて見せます!
夏の祭典で皆様にお会いするその日までには。

あ、申し遅れておりましたが夏コミ、受かりました。
なんとかスペースで皆様とお会いできそうです。
またよろしくお願いいたします。
詳細はHPで。
そうそう、HPも1週間以内に再開します。
おそらく「プレぐる」もこれが最後。
次の掲示板更新でHPのhttpを公開します。そこから新HPに飛んでくださいませ。

おそろしく長文陳謝。ぐるまるきんでした。
 

「プレぐる」更新!翻訳日記

 投稿者:ぐるまるきん  投稿日:2006年 6月 1日(木)14時18分19秒
返信・引用
  いよいよ夏本番、30度を超えてきました。
体からイヤな肉汁が滴り落ちていきます、ぐるまるきんです。

翻訳日記「カイ戦士が帰ってきたぞ!」より

6月1日 ダークロード万歳?

現在も翻訳活動は続いております。
相変わらず長文です。
でも…もうちょっとやそっとの事じゃ驚きません。慣れました、なんともはや。
現在の場面ももう終盤だと思われます。
パラグラフ数は120ぐらいですね。ええ、ずいぶん来た感じ。

今日のお題 「ダークロードと一口にいいますが」

 はい、このダークロードという単語ですが、実は色々と厄介な単語でして。

 当本文、「ローンウルフ」中では

「ダークロード」という連邦国家
「ダークロード」という連邦国家内に存在する軍隊、もしくは軍人
「ダークロード」という連邦国家にくみする生物
「20人のダークロード」と呼ばれる大君主たち

 これらがすべて、

 「DARKLOAD」

 の一言で表現されます。
 一番つらいのは大君主たちを意味する固有名詞が存在していない事、でしょうか。
だから、一回ダークロードと出てきたら「大君主」なのか、「軍」なのか、「国家」なのか、といった事にその都度頭をひねらされる訳です。
せめてキングとかエンペラーとか振ってくれてたら、ボキャブラリーに困る事も少なくなるんですがねぇ。
特に今回、12巻の翻訳ではダークランドでの冒険ですんで、大君主やらドラッカーやらジャークやら、クリプト・スポウンやら、果ては得体の知れん妖怪もどきまで、まさに入れ代わり立ち代わりやってきてはドツきあいする訳です。その度に「ダークロード」……

翻訳も長いことやってると、ついへこたれそうになる時があるので……

「もっといい訳があるはず、だからもう少し考える!」
その根性がどこまで続くかが大事なんだ、と最近考えるようになってきました。
安易な表現に流されてはいけないと、思い続けるんですが、つい……負けちゃう事もあったりで……
修行が足りてません。
そう、これからもますますもって修行、なのです!

次回は固有名詞そのものについてのヨタ話を。
それと、そろそろネット環境が完成します。
「プレぐる」もあと1、2回かな?
長かった……
 

「プレぐる」更新!日記

 投稿者:ぐるまるきん  投稿日:2006年 5月12日(金)14時59分30秒
返信・引用
  日記「そして僕は夢を見る……」より

5月12日 実は「ひやしあめ」が大好きで

ようやく街の勝手が分かってきました。
住んでる所が下町なので、生活設備がほとんどすべて近所にそろっているのがいい所ですねぇ。
24時間スーパーがあるおかげで、深夜にパソの仕事に詰まった時でも気分転換にふらっと行けます。ナイスです。しかもたいてい惣菜や期限のヤバいお菓子なんかに半額シールが貼られててさらにナイス。いい世の中になったもんです。
それ以外にも、野菜の安いスーパーはここ、肉の安い店はここ、大好きなアイスを売ってる店はここ、コインランドリーはここ、クリーニング屋さんはここ、戦闘…もとい銭湯はここ………
ホント日常生活に困りません。
とはいえ、すべてにおいてそうかといえば、そうでもなかったりするんですが。
実家との物価の違いというのはうやっぱりありますね。
卵なんて同じクラスで同じ特売でも値段が倍ほど高いです、こっちは。
それに、関西ではこんなのあって当然とか思ってた物がこっちにはない、とか言うのもあります。
「別寅の厚焼き」とか「伊藤ハムのポールウインナー」とかが見当たらんのですわ・・・
まあこれはまた逆も真なりでしょうし。実際こっち来てはじめて知ったカップ麺とかも多いですしね。
でもコカの「ドクターペッパー」だけは遠慮しときます。関西では大昔、しかもあっという間に消えていったマイナー飲料だったのに……アレに頼らなくても関西には「サンガリア」があるからなぁ……
「はてしなく自然飲料を追求する サンガリア」
あの胡散臭いキャッチフレーズが懐かしいです。
こんな事言っときながら、怪しいジュースばっかり造ってたものな……

自販機500mlで100円売りというステキな値段設定に喜んで貴重なお小遣いを投入した当時の子供たちを一人残らず驚愕させた、添加物味の砂糖水「ビィグ」シリーズ、
表書きには(裏書きか?)「あめゆ」、でも缶をくるりと回すと「ひやしあめ」、夏と冬で商品名を使い分け、しかもそのしょうがの効いた独特の風味に根強いファンを多数持つナイスコンパチブル商品、「サンガリア あめゆ ひやしあめ」
「これは放倫に引っかかるやろ!」とCMを見た誰もがツッコんだ「サンガリア バナナミルク」、
あの「十六茶」に対抗して作ったのか作らなかったのか、「入れりゃいいってもんでもないやろ」と関西人の温かいツッコミの集中砲火を受け撃沈した「サンガリア 二十一茶」、
現役時代の阪神の真弓と岡田使っといて、お茶の間が瞬時に凍りつくような駄洒落を言わせ、しかも何年も何年も放映し続けるという放置プレイ上等……あの悪名高……もとい、忘れえぬカルト飲料メーカー、サンガリアです。
キッツいCMはまだまだありますが……いや、ホントに書ききれないほどありますから……

そういえば久しく「みっくちゅ じゅーちゅ」を飲んでません。アレ、よく冷やすと豪快においしいんです……

なんだかんだ言ってサンガリアってメーカーも、その製品も大好きだったんですね、という当たり障りの無いオチで。
こっちでもどっかで売ってないかしら……

一人暮らしをはじめてから、自分が調味料を豪快に使いまくる人間である事を初めて知ったぐるまるきんでした。
「味ぽん」が一週間でなくなるとは……
 

「プレぐる」更新!翻訳日記

 投稿者:ぐるまるきん  投稿日:2006年 5月12日(金)14時47分50秒
返信・引用
  花のお江戸の長屋の床子、浪人生活二ヶ月目のぐるまるきんです。
いや、別に傘貼りとかはしてないんですけど……

翻訳日記 「カイ戦士が帰ってきたぞ!」より

5月12日 果ては遠くにありなんや

翻訳は、今日もステキに難航中。皆様ご機嫌うるわしゅう、ぐるまるきんです。

も……ダメ………
長いです……長すぎです。
どのパラグラフも長いんス………

すみません、いきなりグチってしまって……

相変わらず12巻「暗黒の支配者」翻訳作業でのたうちまわっています。

あれから話が少しは進み、どうにか戦いあり乱数表ありアイテム入手ありご無体な即死エンドありののゲームブックらしい展開になってきましたが……
きましたが!
どの場面でも懇切丁寧な説明が入ってます、はは……
完訳したらほんとに分厚い本になるような気がしてきました。パラグラフ50個増しの5巻「砂上の影」よりページ増えるかも……くわばらくわばら。

でも慣れとは恐ろしいもので、こうも文章の多いパラグラフが続くと、だんだんそれでもよくなってきました。あきらめの境地か、達観の境地か……
それに、ようやく自分にもエンジンがかかってきたのか、寝ても醒めても翻訳のことばっかり考えていられるようになってきました。よしよし、結構いい感じです。

文章は時に流れるように!時に立ち止まるように!そのメリハリを忘れるなかれ!
そんな事言いながらパソに向かう毎日。
……実行できてるかどうかはまた別の問題なんですけど。

このモチベーションのまま3ヶ月ほど突っ走れば苦しかろうとも多分大丈夫なはず。
……そういや今回は創作も作ってるんでした。
時間はやっぱり無いですが、無いなりになんとかしようかと。創作物も夏コミで出す予定なんで、もしよろしければ見に来てくださいませ!(受かってたら、ですが)

それでは最後に。

バシュナ岬付近で停泊中だった装甲戦艦にお勤めの、ドラッカー海兵体長様の勇ましい雄叫びを、皆様方との唱和で以って今回は締めるといたしましょう――さぁあ、それではみなさんご一緒に!

「シェズ オク オカク ノグジャット アシュ ガジョグ オク オカク アジェズ!」

訳は伏せときます。トンデモない意味になるんで(だったら書くなよ)……

追伸:次回は「ダークロード」という訳語について書く予定!5月下旬更新予定。
 

「プレぐる」更新!翻訳日記

 投稿者:ぐるまるきん  投稿日:2006年 5月 3日(水)13時53分20秒
返信・引用
  昨日も晩御飯にラザニアを食べ、気分はパラダイスなぐるまるきんです。
最近首都圏は暑かったり寒かったり夕立降ったり地震が起きたりして飾ってたフィギュアを根こそぎ横倒しにしてくれたりでチクショーコノヤローな毎日です。

翻訳日記「カイ戦士が帰ってきたぞ!」より

5月3日 12巻本格始動!…なんですが……

いよいよ12巻「暗黒の支配者」の翻訳作業が本文セクション入りました。
抜本的な旧巻の見直しに手間取り、12巻のイントロ終えたのが1週間前。やっとゲーム開始!ってなトコだったんですが!

いきなりテキストが多いんですわ……
ラザニアのパラダイス気分が一気に吹っ飛びました。

選択肢も何もないパラグラフが2つ3つと続くうえ、一個一個が長くって……
11巻も途中ひたすら説明を聞かされるパラグラフがありましたが、今回はひょっとしたらそれ以上かも……
何やら冒頭からバネドンとリモア卿が、入れ替わり立ち替わりひたすらしゃべっておりますよ。
なんだか「これまでの話」が本文まで侵食してきたかのような展開でした。
英語の苦手な私にはただ読むのもそれなりに大変ですが、これを翻訳するってのがまた頭痛くって…
セリフなんか読んでても、「こんな文章日本語にすんなり通らねえっす」ってのが多い…
まあ、それをすんなり通すのが翻訳の仕事なわけですから、甘えた事言ってんじゃねえ、の世界。そうです、私の精進が足りないんですごめんなさい。
でも、今日も朝から4時間かけて1パラグラフが終わりませんでした。正直泣けてきます。
ホントに夏コミまでに終わるのか?これとは別に新刊も作らなきゃならんのですが……
この調子でいくと結構分厚い本になるかも…

でも、この12巻は原作者が当初予定していた最終巻。展開もまさにいきなりクライマックス!な盛り上がりっぷりで、その意気込みも文章からなんとなく分かります。元々シナリオに重きを置いてきたシリーズですから、こうなる事も不可抗力なんでしょうね……
 

レンタル掲示板
/14