teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


(無題)

 投稿者:外道様  投稿日:2008年 6月29日(日)13時37分57秒
返信・引用
  http://download2.nexon.net/Game/MapleStory/FullVersion/MSSetup.exe

↑メイポ本体

移動用のパッチ

http://www.mediafire.com/?x9aypg3mvsm
 
 

(無題)

 投稿者:ロクサスメール  投稿日:2007年12月19日(水)20時51分57秒
返信・引用
  jutiof

http://star.ap.teacup.com/ueanodai/

 

Re: (無題)

 投稿者:ロクサス  投稿日:2007年11月 4日(日)21時11分48秒
返信・引用
  > No.10[元記事へ]

河童さんへのお返事です。

> よろしく~
こちらこそ

http://star.ap.teacup.com/ueanodai/

 

(無題)

 投稿者:河童  投稿日:2007年11月 4日(日)19時51分43秒
返信・引用
  よろしく~

http://moon.ap.teacup.com/kappazero/

 

冬のこなたⅡ

 投稿者:全国レベル  投稿日:2007年10月24日(水)16時10分16秒
返信・引用 編集済
  『りょーちん、あけおめ~』

『ああ、明けましておめでとう』



新年、俺はこなたに呼び出されて初詣へとやって来ていた。
本当はこんなに暗いうちから行くつもりはなかったのだが、流れ的にこうなった。
しかし、こなたはよくこんな時間に初詣に行くなんて親から許可をもらえたもんだ。
俺みたいに一人暮らししてる訳でもないのに・・・・・・まぁ、いいか。



『おっ、振袖なんだな』

『へっへー、どう? 似合ってる?』



待ち合わせ場所に到着した俺を出迎えたのは振袖姿のこなた。
普段着で来ると思っていただけにインパクトはかなりのもの。
クルリと踊るように一回転した時は不覚にもドキッとしてしまった。
もちろん本人には口が裂けたとしても絶対に言わない。
言ったが最後、このちびっ子が小悪魔へと進化するのが目に見えているからだ。



『確か、ここは柊姉妹の実家だったな』

『うん。かがみとつかさも巫女のコスプレして手伝ってるらしいよ』



いつもよりゆっくり歩き、到着したのは本日の目的地である神社。
こなたの友人である柊姉妹の実家でもある。
とりあえず参拝せねばと境内に上がるが、そこで俺達を出迎えたのは人、人、人。
さすがに正月だけあって凄い賑わいだった。



『はぐれないようにしないとな』

『あっ・・・』



ラフな格好の俺とは違い、動きにくい振袖という格好。
この人混みにのまれればこのちびっ子は確実に悲惨な目に遭うだろう。
俺は手を伸ばして隣にいるこなたの手を握る。



『ちゃんと掴まってろよ?』

『・・・・・・・・・・うん』



最終確認を取り、人混みの中へいざ突入。
何となく娘を溺愛している父親の心境だな。
でも、こなたの手は小さくて柔らかくて暖かかった。





今日は年に一度、男の価値がハッキリとわかるバレンタインデー。
中学時代には俺も結構期待していたが、3年連続で裏切られさすがに身の程を弁えた。
そのため今日は特に期待せず登校したわけなのだが、


『放課後、屋上で待ってます  泉 こなた』


という文の書かれた手紙を朝一で机の中から発見。
こんな呼び出しを受けた事は驚きだが、それ以上に驚いたのは呼び出した人物だ。
よりにもよってあのこなたである。
そもそも今までアイツの事を女として意識した回数自体ほとんどない。
アイツの性格や容姿もかなり影響しているが、普通に仲の良い友人と言ったところだ。
だからこそ、これを見つけた当初は俺も困惑した。


『・・・・・・・・・・一体何を考えているんだか』


とにかく、こなたに会ってみるまでは何とも言えん。
もしかしたらドッキリを仕掛けているのかもしれないしな、うん。
等と自己完結した所で階段を上りきり、目の前には屋上へと続く最後のドア。
鬼が出るか蛇が出るか・・・・・・ここを開ければハッキリする。

『よし、いくか』


覚悟を決めてドアノブを回し、扉を開く。
途端に視界いっぱいに広がる眩いばかりの茜色の光。
その中心に立っている一人の少女。


続く・・・・

http://masakiok1000.blog112.fc2.com/blog-entry-16.html

 

冬のこなた

 投稿者:全国レベル  投稿日:2007年10月23日(火)22時17分44秒
返信・引用
   冬のこなた

『隣の席だね、よろしく~』

『ん? おう、よろしくな』



俺がアイツ・・・『泉 こなた』と初めて会話したのは1年の2学期、
席替えで偶然隣の席になった時だ。
ほとんど社交辞令のような会釈だったので会話と呼べるかはどうか怪しいが、
これが付き合いの始まりといって良いだろう。



『・・・・・・お前って、結構オタクなんだな』



隣の席と言う事もあってか俺達は会話する機会が多かった。
だが会話を重ねていくうち、
こなたが世間一般で言う『普通の女』から外れていることに気付いた。
何を基準とするかにもよるが、少なくとも世間の大多数の人間はそう判断するはずだ。
まぁ、性格云々以前に外見からして基準から外れてるけど。



『・・・・・・やっぱし変かな?』

『さぁな。少なくとも俺は気にしないし、どうでもいいさ』



何となくこなたの言った言葉が寂しそうに聞こえてしまい、
少し気を利かせたつもりで返答。
まぁ、趣味がなんであっても気にしないのは本当の事だけど。



『・・・・・・そっか』



そんな俺の返答を聞いたこなたの顔は、何故かは解らないが結構イイ感じに見えた。





『ねぇ、りょーちんってどんなタイプの子が好きなの?』



体育祭や文化祭などの行事も終わり、期末試験が差し迫ってきたある日の事。
図書館で勉強していた俺の元にやって来たこなたが唐突にそんな事を聞いてきた。
あっ、『りょーちん』ってのは俺のあだ名な。
俺の名前『良』の一部を取って『りょーちん』
・・・・・・もっとも、こう呼んでるのはこなただけだが。



『はぁ? 急にどうしたんだ?』

『いやさ、りょーちんってそんな話全然聞かないじゃん?
 もしかしたら特殊な趣向の持ち主じゃないかと思ってさ・・・・・・ぐふふ♪』



ニヤケ笑いを顔に貼り付けてつつ俺の様子を窺ってくるこなた。
ふん、何を想像しているかは知らんが俺は至ってノーマルだ。
加えて言えば俺は色恋沙汰にはまったくと言っていいほどに無縁な男。
自慢じゃないが、生まれてこの方ただの一度もお付き合いをした経験などない!!!
・・・・・・・・・・心の中とはいえ、言ってて悲しくなってくるな。



『・・・・・・仮に特殊な趣向の持ち主だとしてもお前には関係ないな。
 勉強の邪魔だからあっちに行っとけ』



何となくムカついたので、さっさと会話を打ち切りわざと冷たくあしらう。
その反応を見て何か言いたそうにしていたが、俺は構わず勉強に集中。
やがて諦めたのか、こなたは図書室をあとにした。



『・・・・・・関係、あるもん』



その去り際、扉の閉まる音に紛れてそんな呟きが聞こえた気がした。





『いやぁ~、今日は大量だったよ~』

『・・・・・・そりゃよかったな』



期末試験も終わり冬休みへと突入。
のんびり過ごそうと決めていた俺は、
何故かこなたと共に東京国際展示場へとやって来ていた。
最初に言っておくがデートなどという甘いものでは断じてない。
12月末にこの場所が持つ意味を知っている者は解る筈だ。
俺は両手に大量の紙袋を持ちながら盛大にため息をつく。



『・・・・・・・・・・はぁ』



そもそもこうなった原因は2学期ラストの期末試験。
今となっては何故そんな事をしたのかわからないが、
俺達は『期末試験で勝ったほうは負けたほうに命令できる』という約束をしていた。
ちなみに俺の試験結果は学年6番という高校入学以来の最高順位。
普段の試験結果から考えれば勝者は間違いなく俺のはずだった。
だが、俺を襲ったのは信じられないような現実。



『ふっふっふっ・・・私の勝ちだね、りょーちん』



そう言ってありもしない胸を反らせるこなたの学年順位はなんと4番。
一夜漬けのみで毎回そこそこの点数を取るこいつからは信じられないような順位だった。
あとから原因を究明したところ、

『今回は新型PCが賭かってたから張り切っちゃってさ~』

と不純度100%な回答を得ることが出来た。
よくもまぁ物欲だけでここまで結果を出せるものである。
おかげで12月31日という今年最後の日に俺はこなたのパシリと化したのだ。

『・・・・・・年末だからさ、無理なら別に来なくてもいいよ?』

一応ここへ来る前にこんな慈悲の言葉も貰っていた。
だが、そう言った時のこなたの顔が捨てられた子犬に見えてしまい、
ついついパシリを選んだのだ。
まったく、選択ミスもいいところだぜ。
今後同じようなことがあったら断固たる決意で臨むしかないな・・・・・・断れるかどうかは疑問だが。


続く

http://masakiok1000.blog112.fc2.com/blog-entry-16.html

 

ありがと

 投稿者:全国レベル  投稿日:2007年10月22日(月)18時46分8秒
返信・引用 編集済
  皆さん投稿ありがと

http://masakiok1000.blog112.fc2.com/blog-entry-16.html

 

(無題)

 投稿者:kiiro  投稿日:2007年10月20日(土)16時06分12秒
返信・引用
  かきこありがと♪
これからもよろしくです!

http://happy.ap.teacup.com/tensinohane/

 

おじゃましまーす!!

 投稿者:☆ほし☆  投稿日:2007年10月19日(金)18時24分5秒
返信・引用
  おじゃましまーす!!
すごい掲示板!!
4649ね!!

http://love.ap.teacup.com/5757/

 

なんだか…

 投稿者:ロロ  投稿日:2007年10月16日(火)10時24分56秒
返信・引用
  楽しそうですね。書き込みありがとう!よろしくです~♪

http://happy.ap.teacup.com/1267/

 

レンタル掲示板
/2