新着順:16/724 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

抗ガン剤の必要性について

 投稿者:Mary  投稿日:2015年 5月29日(金)23時46分8秒
  通報 返信・引用
  お世話になります。
術後3週間経ち、病理の結果が出ました。
抗ガン剤をするかどうか考えるよう言われましたが、先に放射線治療を始め、するとしてもその後にとの事です。
個人的にはホルモン療法のみを希望してます。しかし、放射線治療のみ、お世話になってる大学病院では抗ガン剤を勧められました。前者の病院ではMIB-1 30%以下は中程度なので、患者次第、後者の病院では、14%以上なのでやるべきとのことです。先生のご意見をお聞かせ頂きたく、よろしくお願い申し上げます。
浸潤癌   12x11x10mm
組織異型度 2 細胞核異型度 2
浸潤度 f
EIC ?positive
脈管侵襲 v- ly-
Sentinel node 0/1
Sampling nodes 0/3
ER 95% PgR50% Her2- MIB-1 25%
でした。


 
    (管理人) MIB-1の数値は、あまり正確な値ではありませんので、参考値と思って下さい。正確な判断をするためには、Oncotype DXの検査を受けて下さい。
基本的には、放射線治療後にホルモン治療、それに加えて、化学療法を追加するか否かを検討する必要があります。異型度が2と言うことですから、タキサンによる化学療法を追加することをお勧めしたいところです。
 
》記事一覧表示

新着順:16/724 《前のページ | 次のページ》
/724